生メダカ専門店 
アントニオの通販サイト
アフィオセミオン、
ノソブランキウスなど
種類多数!
メダカ飼育用品、
ミジンコも販売! 

熱帯魚メダカ飼育用品ミジンコ

聞かなきゃ損!300種類以上の
卵生メダカの繁殖に成功した
プロブリーダーに直接アドバイスを
もらえるのはここだけ!
お気軽にお問い合わせ下さい。
AM10:00〜PM7:00日、月定休
 

卵生メダカ専門店 アントニオ
 

トップページ商品カテゴリお支払・配送について運営者の紹介お問い合わせ会員登録カートの中
会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品カテゴリ
商品検索
キーワード
価格範囲
円〜

   卵生メダカの飼育、繁殖  ノソブランキウス

レアなメダカが欲しい!を解決する「生きる宝石 卵生メダカ」とは?2  ノソブラン編
アフリカに生息し、乾季になると水がなくなってしまうような、厳しい場所に生息している。
ノソブランキウスの親は、雨季に水の中に卵を産卵し、乾季になり水がなくなると、死んでしまう。乾季の間、卵は土の中のわずかな湿りの中で成長し、雨季になると一斉に孵化する。
アフィオセミオンが多年生魚と言われているのに対し、
ノソブランキウスの仲間は一年生魚とも呼ばれている。

◎話題独占!
3大人気ノソブランキウス

N フスコタエニアタス

●ノソブランキウス 
ラコビー ベイラ
 

●ノソブランキウス 
フスコタエニアタス

ノソブランキウス 
コーソザイ マフィアアイランド

とにかく美しい本種は
卵生メダカファンが一度は飼育して
みたいと思う種類である。
飼育は他の種類と同じくらいの
レベルであるが、
繁殖はやや難しい。

ブラックのラインが非常に印象的な種類。性格がシャイなので、水草などを入れて水槽の環境を落ち着かせてあげると、美しい姿を見せてくれる。

真っ赤な体にイナズマ模様の
黄色いヒレ。最上級の綺麗さである。
他にもレッドタイプやイエロータイプなど
いくつのタイプがある。

 ◎まずはスタート!ゆっくり飼育を楽しみたい方には
 息を呑むほど美しい。おすすめノソブラン3種

●ノソブランキウス コーソザイ
レッドタイプ

●ノソブランキウス
フォーシャイ

●ノソブランキウス カーディナリス

惚れ惚れするほど美しいレッドに
誰もがトリコ!
一度飼い始めると
クセになる種類である。

ゴールドのボディに真っ赤な
尾びれと、非常にゴージャスな種類。

全身真っ赤な色彩が、非常に
美しい種類。繁殖は難しくない。

 ◎探していたのはこんな種類。
飼育、繁殖の両方を楽しみたい方むけ。とっておきのノソブラン3種

 ●ノソブランキウス 
ギュンテリーブルー

●ノソブランキウス 
ギュンテリー レッド

ノソブランキウス 
パームクイスティ タンザニア

ノソブランキウス中、
繁殖が最も容易。
産卵数が多く、繁殖を覚えるならコレ!

卵生メダカの定番的存在。
丈夫で飼育しやすい。
ギュンテリーの仲間には、他にブルーやゴールドなどの種類があるが、こちらの種類は改良種である。

産卵数が多く、繁殖が容易。
もちろんとても丈夫なので、初心者にはオススメ

 

◎無理なく飼育!
卵生メダカ飼育に必ず必要なもの

アントニオ推薦ピートモス

ソルト

テトラ コントラコロライン

アントニオ推薦ピートモス

● ソルト

●カルキ抜き 

ノソブランキウスはピートモスに卵を産むので、
繁殖には必ず必要なもの。
アントニオで販売してあるものは、卵生メダカの飼育がうまくいくように調整してある。
 無調整のものは魚を痛めます。
卵生メダカをより長く飼育する為、
調整されたものが必要です。

塩です。水一リットルに
1グラム程入れる(0.1%)。
バケツ1杯に対して
さじ1杯位。

水道水に含まれるカルキを
中和して無害化する。
カルキは魚に有害なので、
必ず使用する。
水に規定量入れると
無害化してくれる。


上記以外で必ず必要なもの:小型のフィルター、サーモ&ヒーター
 

◎あると便利な飼育器具。

タッパー

アクアセーフ

ブラインシュリンプ孵化器

● タッパー

●アクアセーフ 

●ブライン孵化器

浅くてやや広めのものが
よい。
産卵用のピートモスを入れたり、一時的に魚を移すときなど様々なシーンで活躍する。

水道水に含まれる有害な重金属を無害化します。
ビタミンB1が水槽の水に活力を与え、魚のストレスを緩和します。導入当初はぜひ!

ペットボトルなどで自作する事も可能だが、製品を使用してみると、水槽の中でブラインをわかす事ができたり、ブラインを取り出しやすかったり、
とても便利である。

上記以外であると便利なもの:PSB、テトラバイタル、ブラインシュリンプなど
 

◎より華やかに、より美しい水槽にする為にも。
適している水草3種

アヌビアス ナナ

ミクロソリウム

アマゾンフロッグビッド

●アヌビアス ナナ(POT) 

●ミクロソリウム(POT) 

●アマゾンフロッグビッド 

非常に丈夫な水草。
ポットだと、採卵のときや掃除の時に楽です。

弱い光量でもよく育つ非常に丈夫な水草。
こちらもポットがオススメ。

浮き草。飛びだし防止や、水を綺麗にする効果が期待できる。

まずは水槽の準備をしましょう。

FOTO

卵生メダカ飼育、繁殖の準備をしましょう。

NO PHOTO

水槽 
卵生メダカが1ペア〜2ペア位なら、30cm〜40cm水槽が飼育、繁殖に適しているでしょう。

ピートモス
必要な物を準備しましょう。

ピートモス、塩、PSB、カルキ抜き

(ピートモスは、卵生メダカ(ノソブランキウスの)飼育、繁殖には必要不可欠です。必ず用意しましょう。)
タッパーに入れてみました。
ピートモスは
タッパーにいれて
水槽に入れると便利。
手順1:水槽をセットしましょう。
(30cm水槽の場合)
水槽に水を入れ、カルキ抜き、塩、ピートモスをいれます。
塩は、10グラム〜30グラム程入れましょう。
1リットルにつき、1グラム〜3グラムの塩が良いでしょう。
ピートモスを入れると繁殖する場合があります。一握りほど入れましょう。
ピートモスは、そのまま水槽に入れた方がたくさん卵がとれます。
しかし、掃除等が気になる方は、
タッパー等に入れてもよいでしょう。
また、タッパーは浮いてしまう場合があるので、小石などを入れると、浮いてしまうのを防止できます。
PSBは規定量入れてください。
ヒーター
保温器具
30cm水槽なら50W以下が良いでしょう
手順2:保温器具、フィルター等を
セットしましょう。

卵生メダカは水流を嫌う為、
フィルターをセットする際は、排水口を水槽面にあてたり、排水パイプの穴を大きくする等の工夫をするとより良いでしょう。


水温は24度〜26度程度に設定します。
卵生メダカにお薦めの水草
ミクロソリウム プテロプス
手順3:その他、水草など
水草等を入れると水質が安定します。
ノソブランキウスの場合、採卵作業の時、ピートモスを取り出す為、POTタイプや浮き草だと、採卵の時便利です。
待つ手順4:待つ
水槽の準備はOKです。
5日〜1週間ほど、この状態で待ってから卵生メダカを入れましょう。


 さあ、卵生メダカの飼育は始めましょう。

到着日はエサを与えず、翌日よりエサを与えます。
エサの回数は1日1回〜3回、食べ残しがないように与えます。
エサについてはエサ編参照

 

1週間に1度、全体の半分程度水換えをしましょう。
◎水換え時にあると便利な道具

ホース

プロホース

フィッシュネット

●ホース

●プロホース

●ネット、ジャリスコップ

プロホースとつないで、排水する時に使用。ホースの先を風呂場にするとバケツを移動しなくてすむので楽。

水を吸い出す道具。
先端がホースとつなげるようになっていたり、バケツに排水できるよう、フックがついていたりかなり使いやすい。

魚を移動させたり、ピートモスを回収したり、いろいろなシーンで使用する。
数本あると便利。
 

卵生メダカ ノソブランキウスの繁殖方法

ノソブランキウスの飼育に慣れてきたら、繁殖を狙ってみましょう。


◎繁殖させる時にあると便利な道具

アントニオ推薦ピートモス

ビニール袋、輪ゴム

●アントニオ推薦ピートモス 

●ビニール袋 

●ネット

ノソブランキウスはピートモスに卵を産むので、
ノソブランキウスの繁殖には
必ず用意しましょう。

卵の保管時に使用。
さらに輪ゴムやマジックなどがあるとさらに良い。

卵を回収するときに使用。
魚を掬う網とは別の物を用意した方が良い。
採卵用は、大きめのアミの方が使いやすい。


ノソブランキウスの繁殖方法:
 

ピートモス入りタッパー

準備の時に入れたピートモス(左の写真のタッパー)を
回収しましょう。
状態良く飼育されていて、卵生メダカが産卵していれば、
卵があります。

 

大きなネット

 
大きめのアミなどに回収したピートモスをいれ、
ぎゅっと絞ります。

卵生メダカ 卵
卵生メダカ(ノソブラン)の卵

広げた新聞紙などに絞ったピートモスを広げ、
ピートモスをほぐします。
この際に卵があるかどうか確認しましょう。
写真左のような卵生メダカの卵があれば完璧です。

 

ビニール袋、輪ゴム 
袋に採卵日等を記入する。

 ビニール袋などにほぐしたピートモスを入れ、袋にマジックなどで、採卵日や種類名などを記入します。
記入したら輪ゴムで口を縛ります。

ピートモスが入った袋は24度〜26度くらいの場所で保管します。(保管する期間は種類により違います。)
例として、コーソザイの仲間やギュンテリーの仲間は
45日〜60日が目安です。
この期間の事を休眠期間と呼びます。

孵化間近の卵
孵化間近のノソブランの卵 

 卵は2週間〜3週間に一度チェックしましょう。
ピートモスが乾きすぎていたら、霧吹きなどで水分を補給してあげてください。

孵化の時期が近づいてくると卵に眼のようなもの(金環と呼ばれている)が発生します。(写真左)
金環が発生が確認できたら、いよいよ孵化です。

大きめのタッパーなどに25度位の水槽の水と卵の入ったピートモスを入れ、100回ほどシェイク(振る)して下さい。

卵生メダカ 稚魚

 シャイクした水とピートモスは、プラケースなどに移してあげてください。。
成功していれば、半日〜1日位で孵化して稚魚が泳ぎ始めると思います。

 

アントニオ流ではありますが、卵生メダカの飼育、繁殖のご参考にして頂ければ幸いです。
また、上記の方法は必ずではありません。(主に初級種を対象にしております。))
結果について、当社は責任を負いかねますので予め御了承下さい。